手のひら阿弥陀如来さま

-
仏像彫刻工房「祥」
DSC09810_edited-1_2.jpg

仏像彫刻教室のとある日。
仏師・矢野公祥先生が、完成間近の作品だと、お持ちになった小さな阿弥陀如来さま。
手のひらにすっぽり収まるサイズの、白檀から彫り出された仏さま。

ミリサイズの細かい衣や模様に、金箔を押した豪華な装飾。
光背の透かし彫りなど、大きなサイズでも大変なことを知る生徒たちは、取り囲んでは、職人技に沸き立ちました。

DSC09814_edited-1_2.jpg

極薄に伸ばされた金箔は、静電気でくっつかないよう、お手製の竹ナイフで細く切ります。
まず切るところから難しい、とは載金(きりかね)教室の生徒さんから聞いた話。

のりは、ふのりなどを煮たものを使い、一筋一筋慎重に貼り付けていく。
ほんの一本を貼るのに、気づいたら何時間も経っていることもあるとか。

根気の要る、大変な作業でもあり、楽しさもあると、矢野先生。

DSC09816_edited-1_2.jpg

小さくても、大きいものとかかる手数は同じ。より細かく手を刀を動かす分、小さい作品は大変です。

手の周りに散らばる木くず、これが1削りで出る小ささ。
細かく丁寧に、仏を削り出してゆく仏師の技。

DSC09812_edited-1_2.jpg

仏像彫刻で使う、寸尺定規でサイズ感を。
10メモリで1寸、大きさは3.6寸ほど。約10センチといったところでしょうか。
この定規、大工や仏像彫刻など、伝統的な細工には必須ですが、メートル法が施工された戦後以降、売っている店はほとんどありません。

DSC09806_edited-1_2.jpg

DSC09817_edited-1_2.jpg

持念仏として納められた阿弥陀如来像。
細かく繊細なありさまを間近で拝見させていただき、白檀の硬さや制作の苦労エピソードを伺いました。

教室で生徒を指導しながら、このような作品を3ヶ月ほどで作られた矢野先生。
お盆頃からは暑いさ中、秋の京都展示会向けの作品も作られたそうで。

京都の展示会レポートもまだでした。準備いたします!

即位礼正殿の儀と、文化の伝承~漆塗り~

-
仏像彫刻工房「祥」
令和を象徴する華やかで伝統ある、即位礼正殿の儀。
諸外国から100を超す王族や首相が集い、国内外で大きな話題になりました。

即位を宣言された高御座と御帳台には、漆塗りや金箔などの伝統の技、神式の衣装にも古くから伝わる職人の技。
仏像彫刻にも伝わるこれらの技について、書いてみようと思います。

漆塗り

仏像彫刻 仏頭 漆塗り 金箔

仏像彫刻 台座 漆塗り 金箔

こちらは南都仏師・矢野公祥先生の作品、観音菩薩像と、薬師如来像台座。
3度の漆塗りを経て、金箔押し、彩色と丁寧に伝統の技が注がれています。

漆はもちろん、本うるし。
作業の様子を見学したい!と申し出たときの先生の言葉。

「顔も手もパンパンに腫れ上がり、数日は寝れないほどになる」

ゴーグルや手袋などでも防ぎきれず、空気を漂う成分だけでかなりかぶれるそうです。
ホームセンターで釣り道具用うるしを物色しただけでかゆくなるので、全くダメでしょう。

生徒の作品に勧められる合成うるし「カシュー」も、使う人の話だと少しかぶれるそうです。

漆を塗る回数は、横着して2回などにすると、金箔の乗りが悪く、却って手間なのだとか。

とても根気の要る作業ですね。

そして、とっても綺麗です!!

漆の木の現状

EPSON349_2 (1)_2

西洋から入ってきたピアノを湿気に強くするために黒く塗った江戸時代の日本人。
黒いピアノは美しいと世界に広がり、英語で"japan"と言えば漆塗りを指すまでに。

昔はいくらでも自生していたうるしですが、乱獲により大きな木は全てなくなりました。
今は、若木が少し育ったら、幹ごと切って樹液を取り、そのまま使いきってしまいます。

資源を保全し、次世代につなぐ体制は、伝統芸術のあらゆる分野で不足が叫ばれています。

漆塗りの蒔絵に不可欠な筆の材料であるねずみの消滅と、筆職人も消えつつあること。
国産の大きな木材が減り、材木屋もどんどん減っている。
宅地開発で粘土が取れる土地がなくなり、廃業する陶器職人の話なども。


伝統職人が残る日本

即位礼正殿の儀では、中国系の人たちからも、よくこれだけの技術が残り、職人がいる!
との声が多く聞かれたとか。

衣装や漆工芸、建築技術のルーツを辿れば、もとは中国からの伝来文化。
中国では、政治の革命の毎に、要人も芸術家もことごとく殺されてしまう風習があり、高度な文化が途絶えてしまうとも聞きます。
一度途絶えてしまうと、記録や現物からの技術の復興は困難ですね。

天皇制という安全なベースの上で、神社の20年ごとの造替や、即位ごとの数々の儀式。
矢野先生も、春日大社のご造替で、多数の狛犬を奉納されました → (参考記事:産経ニュース 春日大社に納めた獅子・狛犬

日本の伝統世界の素晴らしい土壌を垣間見たような気がします。

本物のうるし、本物の金箔、伝統の技、日本の山の恵み、国の制度。
仏像彫刻には、たくさんの日本のエッセンスが詰まっているようです。

第56回 仏教美術展2019のお知らせ

-
仏像彫刻工房「祥」
秋の京都三条に、令和の真新しい仏像・仏画数百点がずらりと集合です。
文化の日の三連休は、京都行楽と仏像鑑賞はいかがですか?

第56回仏教美術展 2019年 仏像 展示会 京都文化博物館

削り出されたばかりの木肌、施されたばかりの鮮やかな彩色。
それでいて材料や技法は古典的な本物。古仏好きも、アート好きもぜひお越しください。

寺社の仏像を見たとき、ありし日の真新しい姿に思いを馳せたり、
新たな創作の引き出しになるかもしれませんね。

プロの仏師から、ベテランや入門したてのアマチュアまで。
京都文化博物館の2つのフロアいっぱいに、作品が展示されます。

第56回仏教美術展 2019年 仏像 展示会 京都文化博物館 出品

第56回仏教美術展 2019年 仏像 展示会 京都文化博物館

2019年11月2日(土)~11月4日(月)
午前10時~午後4時
京都文化博物館 5階、6階 
【写真撮影はできません】


地図リンクはこちら
15000_2.jpg

第56回仏教美術展 2019年 仏像 展示会 京都文化博物館

みなさまのお越しをお待ちしております!

令和の仏像彫刻、初心者生徒制作レポート

-
仏像彫刻工房「祥」
2019年5月、新緑のくすのき。
新元号「令和」となり、新天皇陛下もご即位。
これから完成する仏像は、令和の仏像になるんですね。いい響き!

たくさん彫りまーす(^_^)/

D5W7KqDUcAEAyIj.jpg

十数人の教室は、約半分が初心者。

最初の課題は、仏さまの足や手。彫刻刀の使い方に慣れつつ、後々どんな仏像を彫るときも大切な基礎となる部位を学びます。
手足を卒業すると、次々と仏頭の課題へ。

令和初の仏像彫刻教室の夏は、まさに仏頭ラッシュ!

テキストの図面を木に写し、少しずつ、少しずつ。
初心者用ひのきは、柔らかさ彫りやすさのため、実はかなりの高級モノなんです。
先生の親心が垣間見えます。

D9BVmmPVAAIVZIB.jpg

仏像彫刻の材料、ひのきの柾目(まさめ)という部位。

ひのきの柾目とは、どれだけ貴重なのか、図解してみました。

大きな木の中心近くからしか取れず、1立方メートルあたり百万円はするそう。
大きな木が手に入りにくい今日、文化の伝承には技術だけでなく環境も不可欠だと感じます。

D6mrcgHVUAExfbE.jpg

そして、初心者用の彫りやすい、柔らかいひのき・・・なんと!1立方メートル三百万円相当の高級品だとか。
ワナワナ

最初に聞いていたら、小心者なので、彫れなかったかも(笑)
仏頭はシンプルにしてなかなか奥が深く、納得いくものができるまで36個も彫った伝説の強者もいらっしゃいます。


こちらがその高級ひのきを使った初心者チームの課題、仏頭。

教室に着くだけでフゥフゥする暑い夏、一息ついたら涼しい教室でいい香りの木をサクサク♪
一人ひとりの個性がにじむ、それでいて気品ある仏さまを彫っています。

EAZcCGrUEAAvbr9.jpg

片側は矢野先生がお手本として彫るので、全部同じ顔になりそうなものですが、彫る生徒さんにどことなく雰囲気が似るのが不思議なところ。
ドイツ人の生徒さんが彫った仏頭は、ギリシャ彫刻のようなメリハリで際立っていたのが印象的でした。。。

EAZcCe-UEAArwE1.jpg


七福神やお地蔵さま、お釈迦さま、観音像と入門課題を進み、終えると、それぞれ希望する仏さまの制作にかかります。
仏像の種類、サイズを矢野先生と相談し、先生が材料を切り出してすぐにでも彫刻できるよう下準備。

削る場所を手取り足取り。
印をつけ、片面を彫り、どんなぶきっちょさんでもコツコツと彫ればそれなりに完成してしまう安心の指導力。
結構楽しいです(^-^)/♪

  

とっても頭が長ーい仏さま?!

EAZcqqUU4AEG-mT.jpg

仏像彫刻で人気の大日如来像に挑戦の生徒さん!
立派な冠をつけ、胸の前で力強く印を結ぶお姿。台座や光背も含めると、完成まで何年もかかるでしょう。
楽しみですね。

EAZcrX1VUAEiM1Z.jpg

EAZcq_SUwAAYjdP.jpg



彫刻の後、視覚障害の方と会うと「いつもと違う匂いがする」。

盲ろうボランティアをされている生徒さん。

支援施設に行くと言われるそうです。
本人は気づかない程のひのきや、くすのきの香り、残っているんですね。

D2amWgxUkAAufup.jpg

生徒さんがボランティアで制作された点字絵本作品「てんやく絵本ふれあい文庫」。

「てんやく絵本ふれあい文庫」とは、
市販の絵本の文字や絵の説明を点字に、人物や建物や山や雨の線などの輪郭に透明なシールを切り抜いて貼り付けたもの。
なんと3ヶ月がかりの大作!

盲ろうの障害を持つ親から、目が見える子供への読み聞かせることのできる絵本。
指で触れながら物語と挿絵が分かるように、1つ1つ手作業で作られ、
支援のために貸し出されています。

てんやく絵本 ふれあい文庫 ←サイトはこちら

D2ap96YUkAEX72B.jpg

D2aqDN5VYAERPSo.jpg

生徒さんが彫り上げた仏像に触れてもらう交流もされているそうで、これからの作品作りも張り合いがありますね。

昔は生まれつきが多かった視覚障害、最近は病気や事故で…の方が多いとか。
様々な支援の手が伸ばされているんですね。

D2aqBmxUkAE1M4G.jpg


さてこちらは、初心者から数年の生徒、令和初の彫刻刀研ぎ!
刀の冴えはどうでしょうか?

研いでも余計切れなくなったり、切れ味が鈍くて祈りながらだった研ぎ修行の道に手応えがあるそうで。
な、な、なんと。どの刀を研いでも、一度で会心の切れ味に!シャキーン♪やったぁ(^_^)/

仏像彫刻 彫刻刀 研ぎ

彫刻と、お道具の手入れ。
どちらもなかなか奥が深く、上手くいったり失敗したり。
続ければ続けるほど、楽しい仏像彫刻教室です。


仏像彫刻★2日間体験▽2019年 9/13、9/20(金)

-
仏像彫刻工房「祥」
仏像彫刻を始めてみたい!
仏像彫刻に興味がある!
仏像彫刻とは、どんなことをするの?

実際に彫刻刀を持ち、簡単なレリーフ彫りに触れつつ、教室の雰囲気や仏像彫刻の制作も見れてしまう。
交通アクセスの良い、大阪・中之島で、仏像彫刻を体験してみませんか?

お道具のレンタルも可能、材料もご用意。手ぶらで未体験でも、お気軽にお試しいただけます。
彫刻刀を初めて持つ方も、挑戦していただけます。

講師
春日有職檜物師職預 宗教芸術院 松久宗琳仏所
 南都仏師 矢野 公祥

日時
2019年9/13, 9/21 金曜 14:00-17:00

場所
大阪市
朝日カルチャー中之島 仏像彫刻2日体験 ←お申し込みはこちらをクリック

仏像彫刻 初心者 初めて 教室

モチーフとなるお地蔵さまのレリーフは、約14cm、手のひらにすっぽり収まり、ふくさなどに入れてお守りとして持ち歩けるサイズ。

地蔵菩薩とは、悲深いがゆえに浄土に留まらず、地獄や人間の世など厳しい境遇に身を置き、生きとし生けるものを助けると言われ、地蔵盆などでも身近な存在ですね。

仏像彫刻 地蔵レリーフ

自分の手で彫ると、ぬくもりやお心が、木を通して伝わってくるかのよう。

仏像彫刻 地蔵レリーフ

木を彫る小気味よい音、ひのきの香り、仏像彫刻というものを五感で体験していただけます。

初心者用ひのきは、柔らかさ彫りやすさのため、実はかなりの高級モノ。
ご自分はもちろん、ご家族やお子さんのため、一生もののお守りとなるでしょう。

体験教室は、定期講座と併設で開催されます。
さまざまな仏像彫刻や教室の雰囲気なども、ぜひ楽しんでください!


指導するのは、春日大社で大仏師に相当する称号を持つ、
 南都仏師 矢野 公祥 先生

一流仏師の手ほどきは、本格的な彫刻に進む道しるべにもなります。


人の内奥の“仏性”。仏像を彫ることはこの仏性を彫り出すこと。


そんな気概を秘めながらも、きさくで楽しい指導に定評があります。

お問い合わせ、お申込みをお待ちしています
朝日カルチャー中之島 仏像彫刻2日体験 ←お申し込みはこちらをクリック


仏像彫刻教室レポート ←教室の様子はこちらをご覧ください

@奈良ぶつ ←生徒が自由につぶやく仏像彫刻ツイッター始めました