Category雑記 1/2

春・花・便り<春日大社の藤の花、大阪の桜>

2019年の桜もそろそろ見納め。すずめさんも桜の甘~い密、食べ納め!花蜜を好むという鳥たち。メジロなどは、花に顔を突っ込んで吸い、スズメは花をちぎって食べるとか。どうりで、桜の枝にたくさんの小鳥!そして、きれいな形のまま落ちている花は、食事のあとだったんですね。冷え込みのおかげで、長く楽しめた桜。また来年(^_^)/ところ変わって、奈良の春日大社へ。桜の季節が終わると、春の後半からゴールデンウィーク頃に見ご...

  •  -
  •  0

しめ縄と年末年始

年の瀬もせまる、大晦日。矢野先生の仏像彫刻教室も、年越しの準備万端。毎年手ずから制作されるという、しめ縄写真をいただきました。大きなしめ縄を4つ、小さいもの9個!さらには1メートルくらいの長いしめ縄。毎年同じだけ作られているとのことです。仏さまも神さまも、教室の隅々まで行き渡りそう!矢野先生の年末は、生徒のための木材の準備に掃除に、お墓参り。大変お忙しいそうなので、今年は市販品にされるのか伺うと、...

  •  -
  •  0

奈良吉野・如意輪寺の後醍醐天皇像修復

平成最後の夏、矢野公祥先生が修復された仏像のお話を伺いました。後醍醐天皇像の修復奈良の工房からお山を2つ越え、向かった先は後醍醐天皇ゆかりの如意輪寺。漆職人、指物師、仏師矢野先生など4人の職人チームが集合しました。修復するのは、毎年9月にお輿でご本堂にお参りされる後醍醐天皇像。後醍醐天皇像の表面はバラバラに剥がれつつあり、お輿での移動に耐えられない傷み具合でした。解体し各部を丁寧にメンテナンス。数...

  •  -
  •  0

仏像と名将の遺品~源頼朝~

仏像には、歴史に残る名将の遺品が納入されていることがあります運慶とその息子さん作、鎌倉時代の美しい聖観音菩薩像この中には、源頼朝の髪と歯が納められていると記録されていますCTでの検査でも、口付近に針金が認められるそうこちらは、2017年秋、東京国立博物館の運慶展のパンフレット初めてお寺からお出ましになった美しい彩色の観音さま、見上げるほどの大きさで、圧巻でした仏師・運慶の目の前で歴史を平安から鎌倉に作り...

  •  -
  •  0

『恋する仏像』、仏像彫刻をテーマにした漫画!

仏像彫刻が、最近の若者が読むという、漫画の題材に?!『恋する仏像』 会田薫著、1・2巻完結読んでみましたジュンク堂の本棚の目立つところに2冊並んで置いてあり、作家さんや作品は有名なのでしょうか自分とは何か、進路に悩む高校生たちと、若いテーマ!奈良でよく見る場所が、背景に丁寧に描き込まれていて、わかるわかる~となったり、奈良ならではの鹿さんの演出に、くすりとしてしまいました...

  •  -
  •  0